最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

April 2017
M T W T F S S
« Jul    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

流れ

現在存在しているような風俗店が登場するのは、戦後に赤線地帯が出来上がったあたりからとなっています。
しかし、実際にはその遥か昔からこの風俗営業というのは行われているのです。
最初に体を売ると言う様な行為をしたのは巫女だと言われています。
当時、巫女と性的な行為をする事は神と交信する為の方法と言われていました。
その為に、当時は風俗営業と言う認識では無く、純粋に巫女の努めとして努力していたのです。

ソープランドやデリヘルやホテヘルのような形式では無く、神聖な儀式として行われていたわけなのです。
そこから巫女は自分の育った土地だけでなく、街中でもそのような営業をするようになり、だんだんと広がっていきます。
当時、風俗では無くこれらは単純に技術をひろしてくれる女性達と言うような認識でした。
実際に風俗営業的な意味合いを持つようになったのは遊郭あたりからとなっています。

遊郭には借金のかたとして売られてきた人間が働いていました。借金を返し終われば外の世界に出られたのですが、だいたいの女性が遊郭から出られないままに一生を終えていました。
当時は医療技術も無ければ、それに関する知識もありません。
更にはコンドーム等もありませんから妊娠や出産、堕胎によって命を落としてしまうような遊女がたくさんいたのです。
しかし、この制度も海外から人身売買だと忠告が入った事によって無くなり、赤線地帯が登場します。
赤線地帯もそのうち買春禁止法が成立する事で無くなり、現在の風俗店が登場します。

しかし、更にここから規制が強まった事もあって風俗店は変化し、ソープが無くなってデリヘルやホテヘルになり、更にはライト層に向けてサービスを提供する為の手コキ専門店が登場しています。
オナクラと言うような少々独特なお店もあります。