最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

November 2017
M T W T F S S
« Jul    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

始まり

風俗の王様として有名なソープとは、昔はトルコ風呂、特殊浴場と言われていました。
これは元々現在のように風俗営業が発展していなかったような時代から存在している物でした。
最初にトルコ風呂と言われるサービスを始めたのはトルコに合ったサウナサービスを目撃した日本人でした。
女性の従業員が様々なサービスを提供してくれると言うような形で作業が行われており、当時の日本人にはその営業形態が非常に斬新だったのです。
それを普通のマッサージ、エステのようなお店として日本に持ち込み、トルコ風呂として営業を始めたのがきっかけです。
当時は現在のソープだったり、デリヘルやホテヘルのようないかがわしいお店ではありませんでした。

しかし、女性従業員が男性にサービスすると言う形式、そして個室にお風呂と言う事を利用して性的なサービス今で言うソープランド的な事をするお店が増加し、すっかり風俗として定着する事になったのです。
この風俗店ではお風呂場を利用してマットプレイと言う少々特集な技術でお客を喜ばせる事がメインとなっていました。
また、ソープでは至れり尽くせりな最高のサービスを受けられるのが売りであり、更には技術や嬢のレベルも高い事で有名だったのです。

だんだんとソープと言う風俗営業は過激化し、赤線が廃止されてからは本番行為が売春にあたる為に禁止とされていたにも関わらず、これらの行為を行う人が非常に多かったのです。
その為に、このソープにも大きな規制が入る事となりました。

また、今ではソープに統一されていますが、昔はトルコ風呂と言う名前でした。
しばらくはこの名前を利用されていましたが、留学生から苦情が入った事によってその名称は廃止され、現在のソープランドに統一されたのです。
特殊浴場ともいわれていましたが、これは性的なサービスがついているお風呂屋である事が影響しています。

この風俗店はデリヘルやホテヘルとは違って店舗型といわれる物で、店舗内部にプレイルームを持っています。
この方式で運営している店舗は現在の法律で利用するには非常にリスクが高くなっています。
店舗型の風俗店では禁止行為とされている売春が行われている可能性が高く、従業員も防ぎようがありません。
その為に、警察側が様々なペナルティを化している事もあります。

もし、店舗型の風俗店で本番行為が見つかれば、店舗側がまったく内容を知らなかったとしても場所を提供したと言う事で罰則があります。
これによって営業できなくなっている店舗もありますし、何よりそのリスクを背負ってまで営業する意味が無くなってきています。
その為に以前は圧倒的な数を持っていたソープでは無く、デリヘルやホテヘルが増加しているわけなのです。